【スウェーデン】エリクソン、電力消費量を25%削減できる5G通信機器発表。現行機種と互換性高い 2022/02/26最新ニュース

【スウェーデン】エリクソン、電力消費量を25%削減できる5G通信機器発表。現行機種と互換性高い 1

 通信機器世界大手スウェーデンのエリクソンは2月17日、電力消費量を大幅削減を実現した新たなデュアルバンド無線機シリーズを発表した。電力消費量を減らしながら、5Gの容量を拡大できる。

 今回の発表した製品は2つ。まず、消費電力と重量を25%削減した「Radio 4490」。5Gの基地局で一般的に使われているFrequency Division Duplex(FDD)帯をサポートするため、世界中のほとんどの基地局と互換性があるという。もう一つが、現行無線機より最大50%の高出力を実現した「Radio 4490 HP」。双方ともファンが不要なパッシブ冷却を採用。電力消費量が大きい。またCloud RANにも対応している。

【参照ページ】Ericsson 5G portfolio update puts energy efficiency center stage

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links