【国際】OPECプラス、11月から200万バレル減産決定。原油価格上昇を意図か 2022/10/07最新ニュース

 石油輸出国機構(OPEC)は10月5日、第33回OPEC・非OPEC閣僚会合(通称「OPECプラス」)を開催。2022年11月から全体で日量200万バレルの減産を決定した。原油価格は3ヶ月前の1バレル120米ドルから80米ドル水準まで下落しており、価格を再び上昇させる算段とみられる。

 今回の決定では、…

Links