【アメリカ】下院、ドッド=フランク法緩和法案を可決。規制対象の金融機関数が大幅減

Facebook Twitter Google+

 米連邦下院は5月22日、2008年のリーマン・ショック後に導入された2010年ドッド・フランク法の緩和法案を賛成258、反対159で可決した。米上院はすでに3月14日に賛成67、反対31で可決している。同法案はトランプ大統領に送られ、数週間以内に署名される見通し。  今回の法改正では、規制当局の監督対象となる金融機関の資産基準が、現行の500億米ドルから2,500億米ドルに引き上げられる。これにより、BB&T、サントラスト銀行、フィ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る