【フランス】フランスの発電所、チーズからバイオガス発電。1500世帯分の電力を創出

Facebook Twitter Google+

 フレンチアルプスの麓、サヴォワ県アルベールヴィルにある発電所では、近くのチーズ製造工場から出る残余廃棄物を使って近隣1,500世帯分が十分に賄える電力を発電するというユニークな取り組みが進んでいる。  この発電所は昨年10月にバイオ燃料製造企業のValbioにより建設されたものだ。同地方の名産品である「ボーフォールチーズ」の製造過程で発生する副産物、ホエ―(乳清)を活用し、年間280万キロワット時の発電を行っているという。ホエ―はチ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る