【中国】5年間で環境投資規模は200〜300兆円。中国環境保護上場企業サミット報告

Facebook Twitter Google+

 中華全国工商業連合会環境サービス部会(環境服務商会)は12月12日と13日、「2015年中国環境保護上場企業サミット」を広東省肇慶市で開催した。中華全国商工業連合会は、中国国家機構における重要意思決定家機関の一つである中国人民政治協商会議の構成機関であり、中国全土の商工業企業を束ねる組織。環境サービス部会は2007年に設立され、環境NGOや環境関連企業が加盟している。  サミットでは共産党、政府、企業の要人らが相次いで登壇しスピーチ [...]

» 続きを読む

【中国】皮革業界団体、政府制度に基づき企業への強制審査制度を発表

Facebook Twitter Google+

 中国の皮革製品業界団体である中国皮革協会は5月12日、中国で新しく施行された環境保護法と「国務院からの水汚染を防止する行動計画についての通達」(国務院通達2015年17号)に基づき、革製造と毛皮加工企業に対して環境保護審査を行うことを発表した。審査は環境保護自律行動グループに委託され、環境保護審査の専門家グループを形成、申請を提出した企業に対して材料審査と現場調査及び再調査を実施する。  環境保護規定に一致すると認定された企業名は公 [...]

» 続きを読む

【中国】シーゲイト、政府系環境基金と連携し緑化活動をスタート

Facebook Twitter Google+

 ストレージ分野で業界をリードしているシーゲイトテクノロジー社は4月2日、国務院林業局と連携し、中国緑化基金会とともに「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトを始めた。40エーカーの桜を植え 収益を教育援助に使う。目下のところ中国政府は、国内の環境保護に全力を挙げており、シーゲイト社のように政府の達成目標を企業側も自発的にサポートする動きが最近増えている。  「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトの趣旨は市民、企 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Adobe「若者の声」を集めるアワードを開催

Facebook Twitter Google+

アメリカのAdobe Systemsは、Adobe財団を通じて、「2014 Adobe Youth Voices Awards」を開催し、若者から社会へのメッセージ作品を募集する。同社は、かねてよりCSR活動として、各国のNPOや施設への製品提供などを行っている。本コンテストもその一環。参加対象年齢は13歳から19歳で、ティーンエイジャーからの社会に対する声をテーマとしている。対象作品はミュージックビデオ、写真エッセイ集、メッセージビ [...]

» 続きを読む
2014/02/18 最新ニュース

【アメリカ・フランス】海上貨物分野でのサステナビリティ・ビッグデータの萌芽

Facebook Twitter Google+

アメリカの大手サステナビリティコンサルティングファームBSRと、フランスの大手サステナビリティ情報提供会社EcoVadisは、海上貨物サプライチェーンの分野でサステナビリティーサポートの標準化を目指してパートナーシップを組むことを発表した。実際に連携するのは、EcoVadisと、BSRの下部組織であるClean Cargoワーキンググループ(CCWG)。CCWGは、Maersk(デンマーク)、Evergreen Marine Corp [...]

» 続きを読む
2014/02/06 最新ニュース
ページ上部へ戻る