【国際】UNEPと国際稲研究所、世界のコメ農家の気候変動対応で提携

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)と農林水産業の技術発展推進国際機関・国際農業研究協議グループ(CGIAR)傘下の国際稲研究所(IRRI)は10月3日、持続可能な稲作を推進する新たなパートナーシップを締結した。覚書によると、気候変動に対応できる稲作のベストプラクティス展開、特に発展途上国の小規模農家のニーズに応えられるプラクティスに焦点を当てる。  両機関は2008年、政府、企業、研究機関、地域団体が参加する稲作協働推進イニシアチブ「Sust [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る