【シンガポール】飲料メーカー各社、糖尿病対策のためカロリーオフ商品を相次ぎ上市

Facebook Twitter Google+

 シンガポールの各飲料メーカーは近年、蔓延する糖尿病対策のため、飲料の砂糖含有量を減らす取組を開始している。シンガポール紙StraitTimesが報じた。  シンガポール飲料大手ヨー・ヒャップセン(Yeo’s)の主力商品「菊花茶」は、40%カロリーオフ商品の販売を開始。また、コカ・コーラ・グループのHeaven and Earthは、砂糖入りジャスミン緑茶と並行して、砂糖なしの綾鷹緑茶の販売を開始した。F&Nも、ホームページで全商品の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】IBMと国際若年性糖尿病財団、1型糖尿病の研究で提携。機械学習テクノロジー活用

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMと国際若年性糖尿病財団(JDRF)は8月18日、1型糖尿病の研究で提携することを発表した。IBMが機械学習テクノロジーを提供し、JDRFの持つ膨大な量の糖尿病患者のデータを解析し、子供の1型糖尿病の予見方法を探求する。  糖尿病は病因により1型と2型に分けられる。1型は、肝臓のβ細胞が壊れ、インスリンが全く分泌されなくなることによる糖尿病。子供や若者が発症しやすく、最初は風邪に似た症状だが、その後喉の渇き、多尿、 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、加盟国政府に「砂糖税」導入による甘味食品・飲料の消費量減少を提言

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は10月11日、生活習慣病の予防の政府の財政政策をまとめた報告書「Fiscal policies for Diet and Prevention of Noncommunicable Diseases(NCDs)」を発表した。WHOは報告書の中で、加盟国政府から生活習慣病の予防に関する方策についての相談が増えていることを挙げ、今回政府が適切に税制や助成金制度を実施し、日常食の価格に介入することで、健康促進を図る [...]

» 続きを読む

【ロシア】ノボノルディスク、糖尿病対策で年間15億米ドルの医療費節約が可能と公表

Facebook Twitter Google+

 今、BRICsをはじめとする新興国で大きな問題となっているのが糖尿病患者の急増だ。その中でもロシアは現在糖尿病と診断された人だけでも400万人、潜在患者も含めればさらに多くの糖尿病患者を抱ええている。この問題を解決するべく、グローバル製薬大手のノボノルディスクは、同社のロシアにおける糖尿病問題への取り組み、および糖尿病が経済・社会もたらす悪影響を抑制する可能性についてまとめた報告書、"Investing in diabetes ca [...]

» 続きを読む

【デンマーク】ノボノルディスク、2014年度の統合レポートを公表

Facebook Twitter Google+

デンマークに本拠を置く製薬グローバル大手のノボノルディスクは2月3日、2014年度の統合報告書を公表した。同報告書は同社の財務・社会・環境面における業績を統合し、長期目標に向けた進捗をまとめたものだ。 2014年度の報告書では、都市化と糖尿病との結びつきを解決するための同社の新たなグローバルイニシアチブ、Changing Diabetes®も含む、糖尿病予防・治療・完治に対する同社のコミットメントについて触れられている。同イニシアチブ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】拡大するEli Lillyのレポーティング・バウンダリー

Facebook Twitter Google+

グローバル製薬会社のEli Lilly and Company(本社:アメリカ)は、サスティナビリティレポートを発表した。 本レポートには、同社が2012〜2013年にかけて実行してきたサスティナビリティについて記されている。主な成果として挙げられているのは、まず、2012年から2016年からにかけて、発展途上国での非伝染病対策に3千万ドルの寄付を公約。Eli Lilly and Companyが得意とする結核薬ノウハウを応用し、多剤 [...]

» 続きを読む
2014/02/10 最新ニュース
ページ上部へ戻る