【イギリス】政府、外出規制緩和で公共交通機関利用での感染予防ルール発表。2m以上距離等

Facebook Twitter Google+

 英運輸省は5月12日、新型コロナウイルス・パンデミックでの外出規制緩和に伴い、交通手段でのソーシャルディスタンシングのためのガイダンスを発表した。  英ボリス・ジョンソン首相は5月11日、3月23日に導入した外出規制(ロックダウン)を5段階で緩和していく政策を発表。第1段階として同日より、テレワークが不可能な人は出勤について会社と相談、屋外運動の全面解禁、2m離れた状態での1対1での屋外会話の解禁を導入した。第2段階は、小学校の一部 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、気候変動対策で新たな強化策発表。不動産の省エネ義務化を加速。バッテリー技術開発も支援

Facebook Twitter Google+

 英国政府は10月15日、同国の独立行政機関「気候変動委員会(CCC)」が2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ達成するよう提言したことに応じ、気候変動対策の促進に向けた新たな政府計画を発表した。環境・食糧・農村地域省、ビジネス・エネルギー・産業戦略省、運輸省が省庁横断で、脱炭素に向けた大胆な政策骨子を発表した。  今回発表された政策は、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】EPAとDOT、カリフォルニア州の新燃費規制案を連邦法違反と警告。即刻撤回要請

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)と米運輸省(DOT)は9月6日、カリフォルニア州大気資源局(CARB)に対し書簡を送り、同州が導入を進める新たな自動車燃費規制案が米連邦法に違反しており、訴訟に発展しかねないと通知した。 【参考】【アメリカ】自動車大手4社、カリフォルニア州政府と燃費規制維持で合意。規制緩和の連邦政府に反意 2019/07/28  同規制案は、2026年までに1ガロン当たり平均51マイル以上という規制を導入するというもの。この内 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、家庭用EV充電ステーションの「スマート化」を2019年7月から義務化

Facebook Twitter Google+

 英マイケル・エリス運輸担当閣外相は6月24日、2019年7月1日以降、英国政府の導入支援制度「Electric Vehicle Homecharge Scheme」を活用して設置された家庭設置の電気自動車(EV)充電ステーションをすべて「スマート化」することを義務付けると発表した。  今回実施する「スマート化」では、遠隔操作が可能となり、相互交信ができるようにする。これにより、電力の需要ピークが可視化され、社会全体の電力利用が適正化 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る