【国際】IGES、フィンランド・日本等5ヵ国の生活からのCO2排出量算出。日本語要約版発表

Facebook Twitter Google+

 地球環境戦略研究機関(IGES)は1月30日、日常生活での消費や行動が気候変動に与える影響を推定したレポートの日本語要約版を発表した。ライフスタイル全体のでカーボンフットプリントを算出した。日本では、石炭火力発電電力の消費、肉類の消費、自動車移動が二酸化炭素排出量を押し上げていると示された。 (出所)IGES  今回のレポートは、IGESが、フィンランド・アールト大学およびD-matと共同で、2019年2月に英語で発表したレポート「 [...]

» 続きを読む

【日本】イクレイ日本やIGES等、中堅以下企業や地方政府・病院・学校の再エネ100%推進機関「RE Action」発足

Facebook Twitter Google+

 持続可能性を目指す地方自治体の国際組織ICLEI(イクレイ)の日本支部「イクレイ日本」、地球環境戦略研究(IGES)、グリーン購入ネットワーク(GPN)、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)の4機関は10月9日、年間消費電力が10GWh未満の企業や、地方自治体、教育機関、医療機関を対象とした、事業電力100%再生可能エネルギー化を推進する機関「再エネ100宣言 RE Action」を発足した。  事業で消費する電力を10 [...]

» 続きを読む

【7/18,19 フォーラム@横浜】第10回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム

Facebook Twitter Google+

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、2018年7月18日(水)と19日(木)、パシフィコ横浜で第10回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2018)を開催いたします。  ISAPでは例年、10を超える国際機関、先進国や途上国の第一線の研究者、政策実務者、また自治体やビジネス等のステークホルダーをお招きし、様々なテーマで活発な議論を繰り [...]

» 続きを読む
2018/06/06 行動する

【日本】GCNJとIGES、日本企業のSDGsへの取組状況報告書発表。254社のアンケートまとめ

Facebook Twitter Google+

 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)と地球環境戦略研究機関(IGES)は3月14日、日本企業の国連持続可能な開発目標(SDGs)への取組実態に関する調査報告書を発表した。同報告書の作成は今年で2回目。調査対象はGCNJの加盟企業254社及び3団体を対象としアンケートを実施し、163社・団体から回答を得た。そのうち先進的と判断された30社・団体については追加ヒアリングを実施した。  同報告書によると、SDGsに対 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る