Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】飲料業界環境団体BIER、将来の業界展望における4つの環境・社会シナリオを作成 2017/03/06 最新ニュース

 飲料業界全体の環境サステナビリティ向上に取り組んでいる業界団体BIER(Beverage Industry Environmental Roundtable)は2月17日、2025年の業界展望を想定した「将来シナリオ・ツールキット(Future Scenarios Toolkit)」を発表した。このツールキットには、2025年時に環境観点で4つの想定業界シナリオがまとめられている。飲料メーカーには今後、事業活動、サプライチェーン、生産におけるESG影響を分析し対処することが求められていく中、業界団体として想定シナリオをまとめた。

 BIERのツールキットに参加したのは、米国飲料業協会、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)、バカルディ(キューバ)、ビームサントリー(米)、ブラウンフォーマン(米)、カールスバーググループ(デンマーク)、コカ・コーラ・カンパニー(米)、コンステレーション・ブランズ(米)、ダノンウォーターズ(フランス)、フェッツァー・ヴィンヤーズ(米)、ディアジオ(英)、ハイネケングループ(オランダ)、モルソン・クアーズ(米)、ジャクソン・ファミリー・ワインズ(米)、ニュー・ベルギー・ブリューイング(ベルギー)、ミラークアーズ(米)、ペルノ・リカール(フランス)、オーシャンスプレー(米)、ペプシコ(米)、SABミラー(英)、キューリグ(米)、シールドエアー(米)、エコラボ(米)。飲料メーカーだけでなく、パッケージメーカーなども含まれている。


(出所)BIER “Future Scenarios Toolkit”
 
 図の縦軸は「資源利用性が高く価格も安定」と「資源利用可能性が低く、大規模な価格変動がエネルギー、水、農業、ビジネスモデルに重大な変化を及ぼす」という尺度。横軸は「脆弱なガバナンス」と「健全なガバナンス」を示している。縦軸と横軸の掛け合わせで4つのシナリオがあり、それぞれ、資源が制限されガバナンスも脆弱な場合の「明るい未来は賭け」、資源があるがガバナンスが脆弱な場合の「将来に要注意」、資源が制限されているがガバナンスが健全な場合の「身の丈に合った活動」、資源がありガバナンスも健全な場合の「無限の可能性」という名称が付けられている。
 
 「明るい未来は賭け」は、限られた資源を企業と地域とが争奪する状況下でガバナンスも脆弱な場合、ブランドに対する消費者の信頼は失われて行くという最悪のシナリオだ。「将来に要注意」は、資源が利用できる状況であっても、ガバナンスが脆弱で資源に対してグローバルなアプローチをとっていない場合、企業の不確実性が増し、リスクが大きくなり、短期的な業績に重点を置いてしまうことになる。

 「身の丈にあった活動」は、資源が制限されるため、飲料は他の生活必需品メーカーとの間で資源獲得競争に入り、必需品でない飲料は資源制約に苛まれるというシナリオ。「無限の可能性」は、資源がいつでも利用でき、かつガバナンスが健全な場合には、イノベーションおよび消費者の情報収集とサステナブルな選択への意欲によって、市場が最も持続可能なソリューションを開発して行くという最も希望溢れるシナリオだ。

 シナリオ分析においては、推定したシナリオだけに絞った検討をするのではなく、全てのシナリオにおいて対処方法を模索することが重要だ。BIERが推奨しているのは、まず各シナリオをもとにブレインストーミングを実施。次に重要な共通テーマを特定。最後に2025年に対応するために現時点から準備できることを定めるというもの。

 BIERは、今回のツールキットの作成に当たり、世界自然保護基金(WWF)とスイスのローザンヌ・ビジネススクールのサステナビリティやシナリオプランニング分野の専門家からの協力を得た。BIERは、飲料業界や関連業界に対し、企業の中長期戦略を計画するにあたり、ツールキットの活用を推進している。BIERは設立以来約10年間に渡り、サステナビリティの改善に積極的に関わって来ており、今後もツールやガイダンスなど実践的な手法を今後も発表していく予定だ。

【参照ページ】Sustainability in the Beverage Industry 2025: Beverage Industry Environmental Roundtable Releases Toolkit for Future Planning

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る