【国際】MSCI、投資信託のESGスコアを欧米の主要ファンド情報プラットフォーム上で公開 2017/11/06 最新ニュース

 投資インデックス開発世界大手MSCIは10月24日、MSCI ESGリサーチが実施する投資信託ポートフォリオの環境・社会・ガバナンス(ESG)スコア測定「MSCI ESG Fund Metrics」の結果が、欧米の主要投資信託情報プラットフォーム上で閲覧できるようになったと発表した。同社は、これまで同社顧客のファンドマネージャー向けに投資信託のESGスコアを開示してきたが、情報プラットフォーム上で一般公開される。

 投資信託の主要な購入者は個人だが、最近では富裕層を中心に世界的にESG投資ニーズが拡大している。米国ではミレニアル世代の若者はESG投資に関心が高いという調査結果も出ている。これらESG投資家の情報ニーズにファンドマネジャーが応えられるよう、MSCIはファンドマネジャーに対する情報閲覧サービス「MSCI ESG Fund Metrics」提供を開始した。

 MSCI ESG Fund Metricsは現在、投資信託や上場投資信託(ETF)約21,000件のESGスコアを算出している。ファンドESGスコアの測定対象は、二酸化炭素排出量、化石燃料エクスポージャー、水消費量、社会的インパクト、ガバナンスリスク等100項目以上。個別のスコアを算出した後に総合的なESGクオリティスコアを算出。総合スコアは最高10点から最低0点までの幅があり、同類ファンド毎のパーセンタイルデータも提供されている。測定・評価はMSCI ESGリサーチが実施している。

 今回ファンドESGスコアの掲載が開始されるのは、欧米の8つの主要投資信託情報プラットフォーム。

  1. Broadridge Global Market Intelligence
  2. ETF.com
  3. FactSet
  4. Fundata.com
  5. Fund Focus(Longboat Analytics part of MoneyMate Group)
  6. MSCI ESG Manager
  7. SpainSIF
  8. VDOS’ quefondos.com

 2018年中には、MSCI Barra PortfolioManager(BPM)、MSCI BarraOneの2つのプラットフォーム上のファンドもESGスコアを算出し、表示してく予定。

【参照ページ】MSCI ESG Fund Metrics Launches on Leading Market Data Platforms

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る