private 【国際】MSCIとFTSE、中国通信3社のインデックス除外決定。S&Pダウ・ジョーンズに続く

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発世界大手米MSCIと英FTSEは1月8日、ニューヨーク証券取引所が、米ドナルド・トランプ大統領が11月12日に署名した大統領令に基づき、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国移動通信(チャイナ・モバイル)、中国聯通(香港)(チャイナ・ユニコム)の3社の米国預託証券(ADS)の上場廃止を決定したことに基づき、3社のインデックス除外を発表した。 【参考】【アメリカ】ニューヨーク証取、中国通信3社の上場廃止を決定。S&Pダウ [...]

» 続きを読む

【国際】リフィニティブ、同社端末でMSCIのESGスコア提供開始。ESG分野を大幅強化中

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米英リフィニティブは12月23日、同社の情報端末EikonとWorkspaceで、MSCI ESGリサーチの企業ESGスコアにアクセスできるようになったと発表した。同社は投資家需要の高まりを受け、ESGデータ提供を強化している。  アクセスが可能となったのは、MSCIの企業ESGスコア、政府のESGスコア、業界調査、不祥事に関するレポート等。リフィニティブは、約1万社をカバーしている同社独自のESGデータも提供してい [...]

» 続きを読む

private 【国際】MSCI、機関投資家向けにESG投資分野で2021年注目テーマを5つ発表。生物多様性等

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発世界大手米MSCIは12月7日、2021年のESG注目テーマとして5つを発表した。MSCIリサーチでESGリサーチ部門グローバルヘッドを務めるLinda-Eling Leeマネージング・ディレクター率いるチームがブログ形式でまとめた。  今回示した5つの注目テーマは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、外国株運用で新たにESGインデックスを2本採用。MSCIとモーニングスターの指数

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は12月18日、外国株式運用でESGインデックスを2本選定したと発表した。GPIFは、インデックスに関する情報を常時受け付ける「インデックス・ポスティング」制度を導入しており、今回新たに2本が有望と判断された。  今回採用された外国株ESGインデックスは、ESG総合型で「MSCI ACWI ESG ユニバーサル指数」、テーマ型(女性活躍)で「Morningstar ジェンダー・ダイバーシティ [...]

» 続きを読む

private 【国際】MSCI、気候パリ協定整合性型のESG株式インデックス発表。TCFD観点を包括活用

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発世界大手米MSCIは10月27日、EUベンチマーク規則に基づく「気候パリ協定整合性インデックス」シリーズをリリースした。2019年に買収したカーボンデルタの知見を活用し、新たな気候変動特化型のESG株式インデックスを開発した。 【参考】【国際】MSCI、カーボンデルタと買収契約締結。投資家の気候変動リスク定量化支援(2019年9月11日)  今回開発したインデックスは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ブルームバーグ、ターミナルにMSCIのESGスコア掲載開始。銘柄分析が容易に

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米ブルームバーグは10月13日、同社のブルームバーグ・ターミナルで、MSCI ESGリサーチが提供するMSCI ESGスコア情報が閲覧できるようになったと発表した。これまでもサステイナリティクスのESGスコアを掲載していたが、MSCIが新たに加わった。  MSCIは、機関投資家からの支持が高いESGスコアで、今回ブルームバーグでの閲覧が可能となったことで、銘柄分析やポートフォリオ分析がしやすくなった。また、同社は8月 [...]

» 続きを読む

private 【台湾】台湾保振、IRプラットフォーム上でESG評価機関4社のスコアを機関投資家に公開。10月から

Facebook Twitter Google+

 台湾集中保管結算所(TDCC:証券保管振替機関に相当)は8月26日、同機関が2019年3月から運営しているオンラインサービス「IRプラットフォーム」上で、ESG評価機関4社のESGスコアデータを機関投資家が無料で閲覧できるサービスを第3四半期から開始すると発表した。 【参考】【台湾】台湾保振、IRプラットフォーム上でのESGスコア開示に向け評価機関大手4社と協議。早ければ7月から(2020年5月30日)  TDCCによると、 (さら [...]

» 続きを読む

【国際】MSCI、ESG評価公開対象をEU主要企業に拡大。投信やETFでも。EU法や透明性要望受け

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発大手米MSCIは5月20日、同社が公開している企業ESG評価の対象範囲を拡大。EUベンチマーク規則(BMR)の規制対象下にある全欧州企業を公開対象にしたと発表した。加えて投資信託及び上場投資信託(ETF)でも一部公開を開始した。  MSCIは、2019年11月に世界2,800社のESG評価格付をホームページ上に解説した「ESG Ratings」ツールで公開開始。2020年には7,500社まで増やすと言及していた。公開 [...]

» 続きを読む

private 【国際】MSCI、機関投資家向けに気候変動リスク評価サービス提供開始。買収したカーボンデルタの知見

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発大手米MSCIは2月5日、機関投資家向けに、投資ポートフォリオの気候変動リスク・機会分析サービスをリリースした。独自に開発した手法で、機関投資家自身が気候変動のリスク定量評価ができるようにした。  今回リリースしたサービスは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る