【ノルウェー】与党保守党、政府年金GPFGにPE投資を許可する案で党内合意。再エネ投資に期待 2018/04/14 最新ニュース

 ノルウェー与党保守党は4月8日、党内投票を行い、ノルウェー政府年金基金(GPFG)が再生可能エネルギーインフラへのプライベートエクイティ投資を可能にする政策で党内決議を行い採択した。与党第一党の保守党は現在、極右・進歩党と最近閣外協力から与党に加わった自由党と少数連立政権を組んでいる。

 GPFGは現在、上場間近の未公開株への投資は可能だが、プライベートエイクイティ投資は禁止されている。GPFGは運用総額約1兆ドルの巨大基金であり、プライベートエクイティ投資を禁止していることで投資機会を逸しているとの批判が出ていた。インフラへのプライベートエクイティ投資では、再生可能エネルギーインフラが注目を集めている。

 今回保守党は、非上場インフラ投資を認めた場合、他の投資と同程度の透明性、リターン、リスクを求めるか否か、政府が判断すべきとの見解も党内での支持を得た。今後は、連立与党内及び政府との調整に入る。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る