【日本】金融庁、持続可能な保険フォーラムSIFに正式参加。過去約2年半オブザーバー参加 2018/05/25 最新ニュース

 金融庁は5月16日、持続可能な保険フォーラム(SIF)の会合で、SIFメンバーとなることが承認された。SIFは、国連環境計画(UNEP)とカリフォルニア州保険庁が2016年12月に発足。米国カリフォルニア州、米国ワシントン州、英国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、スウェーデン、オーストラリア、シンガポール、モンゴル、ブラジル、アルゼンチン、ジャマイカ、南アフリカ、モロッコ、ガーナの16ヶ国の保険当局が参加し、日本の金融庁はオブザーバー参加に留まっていた。

 他にも、ベルギー、EU、ドイツ、英王室領ガーンジー島、韓国も参加国となった。

【参考】【国際】国連環境計画、保険監督当局の国際フォーラムSIFを結成。持続可能な保険分野を協議
【参考】【国際】保険監督当局「持続可能な保険フォーラム(SIF)」、保険会社の気候変動リスク管理を議論(2017年11月17日)

【参照ページ】持続可能な保険フォーラムへの参加について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る