【ブラジル】米SCジョンソン、カルナウバ・ヤシ林保護のため英NGOに約3400万円寄付 2018/07/03 最新ニュース

 消費財世界大手米SCジョンソンは6月27日、ブラジル北東部カーティンガで、カルナウバ(カルナバ)ヤシ林を保護するため、120万ブラジルレアル(約3,400万円)を英農業NGOのCentre for Agriculture and Biosciences International(CABI)に寄付すると発表した。

 現在、カーティンガ地方では、外来種であるマダガスカル原産クリプトステギアが、在来種であるカルナウバ・ヤシの生態系を破壊しつつある。カルナウバ・ヤシから採取できる樹脂蝋はローソクの原料として用いられている。今回のプロジェクトでは、CABIがクリプトステギアの生態系管理のための方策を研究するため、3ヶ所に観測所を設置する。他にも、Agência do Desenvolvimento do Estado do Ceará(ADECE)、SINDCARNAÚBA、Associação Caatinga等も資金を拠出する。

 CABIは、マダガスカル原産クリプトステギアの繁殖を抑えるには、マダガスカルの「さび菌」と呼ばれる菌が効果があると突き止めており、今後、ブラジルの検疫当局とも協議を進め、展開を模索していく。

【参照ページ】SC Johnson Provides Support to Help Protect Carnaúba Palm Trees in Brazil

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る