【国際】人権分野の機関投資家団体IAHR、政府に対しESGリスク考慮義務化立法を要求 2019/03/29 最新ニュース

 人権分野の機関投資家イニシアチブInvestor Alliance for Human Rights(IAHR)は3月25日、投資コミュニティに対し人権リスクを含むESGリスク・デューデリジェンスを確実に実施することを要求するとともに、政府に対し投資家の金融規制改革を通じてESGデューデリジェンス強化を要求する共同書簡を、EU、米国連邦議会、国連諸機関、経済協力開発機構(OECD)の4者に対し送付した。  今回の共同書簡に参加した機関投資家の運用資産総額は1.3兆米ドル(約143兆円)。Aviva Investors、Robeco、ボストン・コモン・アセットマネジメント、NNインベストメント・パートナーズの他、キリスト教系機関投資家も多数参加した。  今回の書簡は、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る