【フランス】アクサIM、イスラエル武器製造エルビット・システムズから投資引揚げ。NGO非難に対応 2019/05/04 最新ニュース

【フランス】アクサIM、イスラエル武器製造エルビット・システムズから投資引揚げ。NGO非難に対応 1

 保険世界大手仏アクサの運用子会社アクサ・インベストメント・マネージャーズ(AXA IM)は4月17日、イスラエルの武器製造エルビット・システムズからの投資引揚げ(ダイベストメント)を決定した。エルビット・システムズは、米ナスダック上場企業で、イスラエル政府のパレスチナ・ヨルダン川西岸入植やガザ地区への武力攻撃で使われる武器を販売していることを知られている。アクサは4月17日、NGO連合体のキャンペーン「Boycott, Divestment and Sanctions(BDS)」から糾弾され、今回のダイベストメントに至った。

 BDSは、パレスチナNGOの「パレスチナBDS国家委員会(BNS)」が主導する国際的なキャンペーンで、2005年に発足。イスラエル政府によるパレスチナ入植を非難し、関連企業の製品ボイコット、ダイベストメント、政府による制裁を促している。アクサに対しては、米SumOfUsとStop Assistance to Israeli Apartheidの2つのNGOが長年、ダイベストメントを要求してきていた。

 イスラエルでは、国会(クネセト)が2018年7月、イスラエルを「ユダヤ人の国」と定める法律が成立。イスラエル領内にいる非ユダヤ人を事実上追い出すことを認める立法がされたことで、南アフリカの白人優遇政策「アパルトヘイト」になぞらえ、「イスラエルのアパルトヘイト」と呼ばれることも多くなってきている。SumOfUsは4月、アクサをターゲットにした「Stop Assistance to Israeli Apartheid」キャンペーンを展開し、オンラインで支持を募る署名活動を実施。14万人が署名した。

 BDSは、アクサ・インベストメント・マネージャーズによるダイベストメントを歓迎する一方、アクサ自身の投資ポートフォリオや、同社の別の運用子会社であるアライアンス・バーンスタインにもダイベストメントを要求している。また、英HSBCにも同様のプレッシャーをかけている。

【参照ページ】AXA IM divests from Elbit Systems – involved in Israeli war crimes

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る