【EU】欧州委、三菱UFJ銀行等5銀行をカルテル認定。罰金総額1300億円。2010年前後の取引 2019/05/21 最新ニュース

 欧州委員会は5月16日、三菱UFJ銀行、シティグループ、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、JPモルガン・チェース、バークレイズの5社が、外国為替取引で共謀したとして競争法違反に問われ、課徴金合計10億7,000万ユーロ(約1,300億円)を支払うことで欧州委員会と合意した。

 今回、欧州委員会が違反としたのは2つのカルテル取引。1つ目は「Three Way Banana Split」と呼ばれ、シティグループ、RBS、JPモルガン・チェース、バークレイズ、UBSの5社が関与。チャットルーム上で、トレーダーがカルテルとみられる価格調整相談を、2007年12月18日から2013年1月31日まで断続的に行っていた。

 2つ目は「Essex Express」と呼ばれ、RBS、バークレイズ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、UBSがが関与。2つのチャットルームで、トレーダーが価格調整相談は2009年12月14日から2012年7月31日まで断続的に行っていた。

 2つの件での各社の罰金額は、シティグループ3億1,077万ユーロ、RBS2億4,920万ユーロ、JPモルガン・チェース2億2,882万ユーロ、バークレイズ2億1,032万ユーロ、三菱UFJ銀行6,975万ユーロ。UBSは、最初に通報し司法取引に応じたため、課徴金はなし。5銀行も、異議を申し立てず支払に応じることを条件に課徴金が軽減された。

【参照ページ】Antitrust: Commission fines Barclays, RBS, Citigroup, JPMorgan and MUFG €1.07 billion for participating in foreign exchange spot trading cartel

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る