【イタリア】プラダ、2020年春夏コレクションから動物毛皮使用を禁止。業界に動き広がる 2019/05/25 最新ニュース

 アパレル世界大手イタリアのプラダは5月22日、2020年春夏コレクション以降、動物毛皮使用を禁止すると発表した。動物毛皮禁止推進NGOのFur Free Alliance(FFA)と連携する。在庫については売り切れるまで販売する。

 今回禁止する毛皮は、毛皮採取のために殺されてしまう全ての動物毛皮。ミンク、きつね、うさぎ、たぬき、カラクール等が含まれる。一方、食肉用で屠殺された後に毛皮を採取する牛やひつじの皮革については利用を継続する。

 動物の「痛み」を伴わないようにするアパレル業界や製薬業界の動きは「Cruelty-free」と呼ばれてきている。アパレル業界ではすでに、グッチ、バーバリー、VFコーポレーションも動物毛皮利用を禁止している。
 
【参照ページ】THE PRADA GROUP ANNOUNCES FUR-FREE POLICY AND JOINS THE INTERNATIONAL FUR FREE RETAILER PROGRAM

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る