【国際】国連、WHO、UNEP、大気汚染改善の新イニシアチブ発足。政府に強力な政策導入要請 2019/07/31 最新ニュース

 国連、世界保健機関(WHO)、国連環境計画(UNEP)と、UNEP及び6カ国(バングラデシュ、カナダ、ガーナ、メキシコ、スウェーデン、米国)が2012年に発足したClimate and Clean Air Coalitionは7月23日、大気汚染分野の新たなイニシアチブ「Clean Air Initiative」を発足した。中央政府及び地方政府に対し、気候変動と大気汚染の両面で2030年までに市民の安全性を高めるための政策導入を提唱。同イニシアチブへの参加を求めている。

 WHOによると、毎年700万人が大気汚染が原因で若死にしており、そのうち60万人が子供。また世界銀行によると、毎年大気汚染により5.11兆米ドルの経済損失につながっている。一方、パリ協定での目標を達成すると、2050年までに毎年100万人以上の人命が救え、大気汚染改善効果だけで54.1兆米ドル分の健康ベネフィットが得られる。

 今回のイニシアチブでは、WHOの「環境大気質ガイドライン」を達成できる大気汚染及び気候変動政策の導入、交通からの大気汚染を防止するためのeモビリティ政策の導入、政策導入による健康・経済インパクトの評価、「Breathelife」プラットフォームが支持する国際ネットワークを通じたベストプラクティスやナレッジの共有等を、中央政府と地方政府に求めている。
 
【参照ページ】United Nations announces 2019 Climate Action Summit ‘Clean Air Initiative’, calls on governments at all levels to join

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る