【日本】経済産業省、デジタル経営改革のための評価指標「DX推進指標」公表。取締役会の実効性評価項目も 2019/08/03 最新ニュース

 経済産業省は7月31日、「デジタル経営改革のための評価指標(DX推進指標)」を取りまとめたと発表した。本指標は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)推進のための経営の在り方、仕組みに関するもの」「DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築に関するもの」の2つに分類され、それぞれに定量・定性指標が35項目紐づいている。

 各項目は、現在の日本企業が直面している課題やそれを解決するために押さえるべき事項を中心に選定され、経営幹部、事業部門、DX部門、IT部門等が議論をしながら自己診断することを想定。各企業は、簡易な自己診断結果を外部の第三者組織に提出することで、同組織から診断結果と全体データの比較が可能となるベンチマークが送られる。

 今回の評価指標は、他社との差や現状の課題を把握・共有し、次のアクションにつなげることを目的としている。当面、自己診断結果は経済産業省で集約・分析を行うが、9月を目処に第三者組織が選定され次第、同組織が対応する予定。

 また今回同時に、取締役会のガバナンスを強化するために「DX推進における取締役会の実効性評価項目」を策定。コーポレートガバナンス・コードで実施が求められる取締役会の実効性評価にも活用されることを念頭に置いている。

【参考】デジタル経営改革のための評価指標(「DX推進指標」)を取りまとめました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る