【日本】崎陽軒、ビーガン向け弁当の受注販売開始。海外で増加するビーガン顧客対応を拡充 2019/09/09 最新ニュース

 崎陽軒は8月20日、8月23日からビーガン向けの弁当「野菜で作ったお弁当」の受注販売を開始すると発表した。海外を中心にビーガンの消費者が多く要望に対応する。値段は税込1,200円。

 ビーガンは、植物性食品のみを食べる菜食主義者のこと。類似の用語にベジタリアンがあるが、ベジタリアンは、卵や乳製品等は摂取する等、一部動物性食品も許容するなど幅が広い概念。

 同弁当は、動物由来の食材は一切使用せず、肉の代わりに大豆由来の「ミート」やおからを活用し、ベジタブル焼売や酢豚に似た甘酢和え等で構成。ねぎ、にんにく、にら、たまねぎ、らっきょうの匂いの強い野菜「五葷」も使用しない。

【参照ページ】崎陽軒初!!ヴィーガン対応「野菜で作ったお弁当」発売
【画像】崎陽軒

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る