【アメリカ】シェブロン、油田・ガス田での原単位CO2削減目標発表。事業電力の再エネ化やメタン漏出削減 2019/10/24 最新ニュース

【アメリカ】シェブロン、油田・ガス田での原単位CO2削減目標発表。事業電力の再エネ化やメタン漏出削減 1

 エネルギー世界大手米シェブロンは10月3日、原油・ガス開発の上流工程での二酸化炭素排出量について新たな原単位削減目標を発表した。原油採掘のエネルギー単位当たり排出量を2016年から2023年までに5%から10%、天然ガス採掘の排出量を同期間に2%から5%削減する。同社は、今回設定の目標はパリ協定との整合性があると強調した。

 今回の削減目標は、シェブロンは経営支配権を有していないものも含め全ての油田・ガス田で追求する。

 同社は、その他の気候変動アクションとして、再生可能エネルギーの利用や、再生可能エネルギー技術開発への投資、油田・ガス田でのメタンガス漏出削減、炭素回収・貯蔵(CCS)技術開発への投資等も実施していることをあわせて伝えた。

【参考】【アメリカ】シェブロン、気候関連対応開示を更新。経営陣と従業員の給与評価をCO2削減を導入(2019年2月13日)

【参照ページ】Chevron Sets New Greenhouse Gas Reduction Goals

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る