【イギリス】Big Society Capitalとシティグループ、コミュニティ開発金融の拡大で検討委員会発足 2019/11/16 最新ニュース

【イギリス】Big Society Capitalとシティグループ、コミュニティ開発金融の拡大で検討委員会発足 1

 英国で休眠預金口座を活用したインパクト投資を実施しているBig Society Capitalは11月11日、米シティグループと共同で、英国でコミュニティ開発金融機関(Community Development Financial Institutions: CDFI)の活動を拡大するための検討委員会「Community Investment Steering Group」を発足した。英国では、CDFIは、通常の金融機関からファイナンスを得られない零細企業等の団体のファイナンスで主要な役割を担っている。

 今回の委員会の狙いは、活動が進んでいる米国のCDFIや世界のマイクロファイナンス機関から学び、英国でのCDFIを促進させる意味がある。同委員会には、CDFI、零細企業、銀行、社会的投資家、財団、専門家等が集い、CDFIの活動を拡大するために必要な検討を幅広い角度から行う。特にCDFIに資金供給するための共通ビジョンの策定を重視。CDFIに資金が流れるようにすることで、CDFIが社会的弱者コミュニティへの社会的・経済的なインパクトの拡大と、インクルーシブな成長の促進を図る。

【参照ページ】Scaling up Community Investment in the UK

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (2)

ページ上部へ戻る