【イギリス】有名3大学、ESG投資推進ネットワーク発足。大学ミッション遂行に資産運用も活用

Facebook Twitter Google+

 オックスフォード大学セント・アンズ・カレッジ、ケンブリッジ大学、エジンバラ大学の3校は12月12日、大学基金運用でのESG投資を推進するネットワーク「責任投資ネットワーク–大学(RINU)」を発足した。3校の投資運用残高(AUM)は約54億ポンド(約7,700億円)。大学が掲げるミッションの遂行に向け、大学教育や研究だけでなく、大学資金の投資運用も活用する。同ネットワークの運営は、英ESG投資推進NGOのShareActionが担う [...]

» 続きを読む

【イギリス】Big Society Capitalとシティグループ、コミュニティ開発金融の拡大で検討委員会発足

Facebook Twitter Google+

 英国で休眠預金口座を活用したインパクト投資を実施しているBig Society Capitalは11月11日、米シティグループと共同で、英国でコミュニティ開発金融機関(Community Development Financial Institutions: CDFI)の活動を拡大するための検討委員会「Community Investment Steering Group」を発足した。英国では、CDFIは、通常の金融機関からファイナ [...]

» 続きを読む

【イギリス】Big Society Capital等、市場メカニズムでの児童肥満解消提言レポート発表

Facebook Twitter Google+

 英国で休眠預金口座を活用したインパクト投資を実施しているBig Society Capitalと英慈善団体Guy’s and St Thomas’ Charityは11月19日、市場メカニズムを用いた児童肥満解消ソリューションに関するレポート「Healthy Returns」を発表した。英Food Foundationも協力した。  同調査では、児童の食事状況を所得階層別に分析したところ、同調査が「不健康な食事」と位置づける脂肪分、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る