【国際】世界報道自由度ランキング2021年版、首位ノルウェー。日本は67位で1つ後退 2021/04/25 最新ニュース

【国際】世界報道自由度ランキング2021年版、首位ノルウェー。日本は67位で1つ後退 1

 国際ジャーナリストNGOの国境なき記者団(RSF)は4月20日、「世界報道自由度ランキング」の2021年版を発表した。首位はノルウェー、日本は71位だった。RSFは2002年から毎年発表。今回は180ヶ国が対象となった。

 同ランキングは、ジャーナリストや報道機関の活動の自由度を測定したもの。評価手法はジャーナリストによるアンケート定性調査と、各国内でのジャーナリストに対する暴力行為統計の定量調査を組み合わせている。定性調査では、「意見の多様性」「政治・企業・宗教からの独立性」「メディア環境と自己検閲」「報道に関する法制度」「報道に対するルールの透明性」「報道のインフラの質」を測っている。

世界報道自由度ランキング

  1. ノルウェー
  2. スウェーデン
  3. フィンランド
  4. デンマーク
  5. コスタリカ
  6. オランダ
  7. ジャマイカ
  8. ニュージーランド
  9. ポルトガル
  10. スイス
  11. ベルギー
  12. アイルランド
  13. ドイツ
  14. カナダ
  15. エストニア

 G7諸国では、ドイツ13位、カナダ14位、英国33位、フランス34位、イタリア41位、米国44位、日本67位の順。アジア諸国では、韓国42位、台湾43位、香港80位、インドネシア113位、マレーシア119位、タイ137位、フィリピン138位、ミャンマー140位、カンボジア144位、シンガポール160位、ベトナム175位、中国177位、北朝鮮179位。

 日本は2020年から1つ順位を落とした。RSFのコメントでは、菅義偉首相は2020年9月の首相就任以降、報道の自由の環境改善に向け何も対策をとっていないと批判。特に、記者クラブ制度が、フリーランスのジャーナリストや外国人記者を差別していると伝えた。また、特定秘密保護法も批判している。

【参照ページ】2021 WORLD PRESS FREEDOM INDEX

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (53)

ページ上部へ戻る