private 【ロシア】中央銀行、上場企業にESG情報開示を勧告。「財務安定性」の判断につながる 2021/07/23 最新ニュース

 ロシア連邦中央銀行は7月19日、ロシアの株式市場の投資魅力を高めるため、上場企業に対し、ESG情報開示を勧告する声明を発表した。

 今回の声明は、同行として、国連持続可能な開発目標(SDGs)に関する企業の財務リスクを市場参加者が考慮できるようにすることを目的として説明。投資家がESGのリスクを把握できるようにすることが、投資先の財務安定性の判断につながるとした。

 今回の勧告声明では、上場企業に対し、アニュアルレポートの中で、ESG情報を開示することを推奨。情報の適切さ、有用さ、一環線、比較可能性を考慮することも求めた。但し、事業の性質と規模に応じて、開示の範囲や形式を各々が決定すべきとした。報告ガイドラインとしては、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)とGRIスタンダードに言及した。

【参照ページ】Bank of Russia recommends that public joint-stock companies disclose information about ESG factors

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る