【アメリカ】バイデン大統領、移民戦略発表。中米諸国への支援強化や移民の積極受入れ等 2021/08/04 最新ニュース

【アメリカ】バイデン大統領、移民戦略発表。中米諸国への支援強化や移民の積極受入れ等 1

 米ジョー・バイデン大統領は7月29日、「協働型移民マネジメント戦略」を発表した。中米移民の人道的移住を包括的にマネジメントし、合法的な移民へのアクセスを強化。中米移民の積極受け入れを連邦政府が促進するのは米国史上初。

 バイデン大統領は2月2日、同戦略を策定することを連邦政府機関に命ずる大統領令に署名。その後、中米の各政府、国際機関、NGO、労働組合、企業との協議も重ね、今回の戦略策定に漕ぎ着けた。

 バイデン大統領は、今回の政策の意義について、安全で秩序ある人道的な移住を促進することで、米国は、国家安全保障、経済、人道の面で強い恩恵を得ていると主張。本来、市民は自国内で安全が確保されるべきだが、それが叶わない場合は、亡命等の合法的な移民の道を必要な人達に提供すべきとした。

 今回の戦略では、「緊急ニーズを持つ人々の安定化」「国際的な保護へのアクセス拡大」「出身国での保護へのアクセスの拡大」「労働者保護を伴う地域の臨時労働プログラムの改善と拡大」「帰国者支援と社会復帰」「安全で人道的な国境管理」「移民に関する地域の広報活動強化」「米国への保護と機会のための合法的な経路へのアクセスの拡大」を打ち出した。

 移民戦略に関し、大統領府は7月27日、各連邦機関に個別の指示も発表している。その中には、中米諸国への積極的な経済支援や、亡命申請者の支援強化、ヒューマントラフィッキング対策等が盛り込まれている。さらに、連邦議会に対しては、米国内にいる不法移民に市民権を付与するための「米国市民権法案」と、不法移民の子供(ドリーマー)やTPS受給者等にも市民権を付与する「ドリーム・プロミス法案」と「農業労働力近代化法案」の早期制定も求めた。

【参照ページ】FACT SHEET: The Collaborative Migration Management Strategy
【参照ページ】FACT SHEET: The Biden Administration Blueprint for a Fair, Orderly and Humane Immigration System

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る