【日本】ソフトバンクと日立、製造業DXで協業。「製造現場可視化サービス」開始 2022/10/02最新ニュース

【日本】ソフトバンクと日立、製造業DXで協業。「製造現場可視化サービス」開始 1

 ソフトバンクと日立製作所は9月30日、製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)分野で協業開始を発表した。両社の得意分野を組み合わせ、製造現場での作業員や生産設備の稼働状況を可視化するサービス「製造現場可視化サービス」を始める。試験導入企業を募集し、2023年度内を目処にソフトバンクのサービスとして提供する。

 同サービスでは、人(Human)、機会(Machine)、材料(Material)、方法(Method)の「4Mデータ」を日立製作所のハードウェア製品を活用し収集。それを、ソフトバンクのプライベート5Gやマルチクラウド基盤を通じてデータとして蓄積し、日立製作所のアプリケーションで分析、可視化する。

 両社は、人手不足課題を念頭に、デジタル化による生産性向上を追求する。両社のソリューションを活用し、DXの計画立案段階から顧客を支援するとしている。

【参照ページ】ソフトバンクと日立、製造現場のDXを推進するサービスの提供に向けて協業を開始

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links