private 【国際】ティンバーランド、2030年までに環境ポジティブ実現。サーキュラーとリジェネラティブを軸

Facebook Twitter Google+

 米アパレル大手ティンバーランドは9月1日、2030年までに環境インパクトを全体でプラスに転じるように事業転換する新たな戦略を発表した。サーキュラーエコノミーとリジェネラティブ農業・放牧の2つを事業に組み込む。ティンバーランドは、2011年からVFコーポレーション・グループの傘下に入っている。  まず、サーキュラーエコノミー型の転換では、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランド、リジェネラティブ皮革の調達拡大でOther Half Processingと提携

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手米ティンバーランドは10月25日、リジェネラティブ放牧導入牧場からの皮革調達を拡大するため、米Other Half Processingとパートナーシップを締結した。同社は5月、リジェネラティブ放牧の実証研究をスタートすると発表していた。ティンバーランドは、VFコーポレーションの子会社。 【参考】【アメリカ】ティンバーランドとラングラー、リジェネラティブ放牧の実証研究スタート(2019年5月15日)  リジェネラティ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランド、2025年までに5000万本植林。アウトドア用品メーカーとしての重要性

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手米ティンバーランドは9月7日、2025年までに世界中に5,000万本植林するという新しいコミットメントを発表した。ティンバーランドは、VFコーポレーションの子会社。  アウトドア関連商品を主軸とする同社にとって森林や自然環境は、経営上の重要性が高い。2001年以来、重点分野の1つとして、世界中で1,000万本以上植林してきた。スイス大学ETHチューリッヒでの新たな研究によると、樹木の回復は依然、気候変動緩和の最も効果 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランドとラングラー、リジェネラティブ放牧の実証研究スタート

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手米VFコーポレーションの財団VF財団と、同グループのブランドであるティンバーランドとラングラーは5月8日、リジェネラティブ大規模放牧(Regenerative Ranching)に関する初の包括的研究を行うため7大学に総額150,000万米ドル(約1,600万円)を寄付した。リジェネラティブ大規模放牧とは、土壌の栄養状況や多様性、生物多様性、水循環、生態系、生物作用による炭素隔離、気候変動への耐性を考慮し、農場での自 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランド、靴底に再利用できるタイヤ素材開発で表彰

Facebook Twitter Google+

 アパレルメーカー大手、米ティンバーランドは5月26日、シンガポールのタイヤ販売会社Omni Unitedと共同開発した「ティンバーランド・タイヤ」が、ロンドンで開催されたWGSN Future Awardで「サステナビリティ・デザイン部門賞」を受賞したと発表した。ティンバーランド・タイヤは、ティンバーランド社にとって初めてのタイヤ製品。使用済タイヤをティンバーランド社の靴底に再利用できる新たなタイヤ素材を開発した。ティンバーランド・ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランド、従業員の社会貢献活動が100万時間を達成

Facebook Twitter Google+

アウトドアグッズ大手のTimberland(ティンバーランド)は5月15日、従業員が行うボランティア活動の累計時間が100万時間を超えたことを記念するイベントを開催した。同社は、従業員のボランティアを通じて本拠地のニューハンプシャー州ストラタムから中国のホルチン砂漠の緑化プロジェクトにいたるまで世界各地でコミュニティ支援活動を展開し、ポジティブインパクトをもたらしてきた。 ティンバーランド社のCSR活動は、同社が1992年に立ち上げた [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る