【スペイン】ウルダイバイ生物保護区、「欧州持続可能な観光憲章」採択を目指す

Facebook Twitter Google+

バスク自治州の地方当局は、2月5日と6日の二日間に渡り、ウルダイバイにあるバスク生物多様センターで、「ウルダイバイの持続可能な観光会議」の第一回会合を開催、「欧州持続可能な観光憲章(CETS)」への採択を目指す決議を行った。会合には、バスク観光庁、バスク環境局、ビスカヤ県評議会等、バスク自治州の環境・観光関連の当事者が集い、ウルダイバイ地区の自然保護と環境業のあり方について検討が行われた。 「欧州持続可能な観光憲章」は、欧州地域をカバ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る