private 【イギリス】運用大手LGIM、エクソンモービル等5社からのダイベストメント決定。気候変動リスク

Facebook Twitter Google+

 世界保険大手英リーガル&ゼネラルの運用子会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は6月21日、気候変動対応での投資先企業とのエンゲージメント結果を発表。同社の運用資産総額50億ポンド(約6,800億円)のESG投資ファンド「Future World funds」で、新たにエクソンモービル、ホーメルフーズ、韓国電力公社、メットライフ、クローガーの5社をダイベストメント(投資引揚げ)に指定した。すでに日本企業2 [...]

» 続きを読む

【イギリス】運用大手リーガル&ゼネラルIM、一部ファンドで日本郵政とSUBARUをダイベストメント

Facebook Twitter Google+

 世界保険大手英リーガル&ゼネラルの運用子会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は6月11日、同社が運用管理する一部ファンドで、日本郵政とSUBARUを含む8社からの投資引揚げ(ダイベストメント)を発表した。気候変動への取組が不十分と判断した。5月31日までに8社の全株式が売却された。  今回のダイベストメントが適用されるのは、気候変動リスクを考慮したグローバル株式インデックスファンド「Future Wor [...]

» 続きを読む

【イギリス】運用大手リーガル&ゼネラル、投資先企業にダイバーシティと気候変動対応要求

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手英リーガル&ジェネラルの運用子会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は4月17日、2018年の株主総会シーズンを前に、投資先企業に書簡を送付。今年の株主総会で気候変動対応とダイバーシティ確保を求めると通知した。LGIMの運用資産総額は約1兆ポンド(約150兆円)。  LGIMは、ESGを考慮した経営は大きなトレンドとなっているものの、気候変動対応、ダイバーシティの確保、長期的な経営戦略策定で企 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る