【中国】中国人民銀行と中国証監会、世界初の政府制定グリーンボンド評価機関向けガイドライン発表

Facebook Twitter Google+

 中国人民銀行と中国証券監督管理委員会(CSRC)は12月27日、グリーンボンドの評価・認証ガイドライン「緑色債券評価認証行為指引(暫定版)」を共同で発行した。同ガイドラインは、グリーンボンドの第三者評価や認証を行う機関に対する遵守内容を定めている。今後、グリーンボンド基準策定機関として「緑色債券標準委員会」が設置され、同ガイドラインの運用と管理を担う。政府がグリーンボンド評価・認証ガイドラインを制定したのは中国が世界初。  同ガイド [...]

» 続きを読む

【国際】英独仏蘭中など中央銀行・金融当局8機関、気候変動金融リスク管理検討で会議体発足。日本は未参加

Facebook Twitter Google+

 英イングランド銀行、ドイツ連邦銀行、フランス銀行、オランダ銀行、スウェーデン金融監督機関、シンガポール通貨金融庁、中国人民銀行、メキシコ銀行の中央銀行8行は12月13日、グリーンファイナンスを促進し、気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「Network for Greening the Financial System(NGFS)」を設立した。同ネットワークは、パリ協定の2℃目標を達成するため、気 [...]

» 続きを読む

private 【EU・中国】EIBと中国グリーンファイナンス専門委員会、グリーンボンド定義比較白書を発行

Facebook Twitter Google+

 欧州投資銀行(EIB)と中国人民銀行が発足した中国金融学会グリーンファイナンス専門委員会(CGFC)は11月11日、グリーンボンド市場の活性化に向け、グリーンボンド基準の比較分析白書を発行した。同白書では、比較対象として、国際開発銀行(MDB)や主要国の政府系開発銀行ネットワークである国際開発金融クラブ(IDFC)のグリーンボンド定義と、欧州投資銀行、中国政府の3つを扱った。  グリーンボンドの発行は、EUと中国が大半を占める。両者 [...]

» 続きを読む

【中国】政府、広東省等5地域をグリーンファイナンス試験区に選定。5年間での目標達成目指す

Facebook Twitter Google+

 中国政府は6月26日、国内5地域を「グリーンファイナンス」推進のための試験区に選定し、環境に資する企業等に投融資をする金融機関に対し政府が特別インセンティブを与える制度を始めると発表した。今回、試験区域に選定されたのは、広東省広州市、浙江省湖州市・衢州市、江西省贛江新区、貴州省貴安新区、新疆ウイグル自治区クムル市・昌吉回族自治州・カラマイ市の5地域。  今回の政策は、中国人民銀行、国家発展改革委員会、財政部、環境保護部、中国銀行業 [...]

» 続きを読む

【金融】中国が主導する世界のグリーンファイナンス。強かな中国の戦略とその本気度

Facebook Twitter Google+

G20杭州サミット首脳声明に盛り込まれたグリーンファイナンス  今年9月5日から6日まで中国の杭州で開催されたG20杭州サミット。サミット後に発表された首脳声明(コミュニケ)には、グリーンファイナンスを推進していくという文言が盛り込まれました。グリーンファイナンスとは、グリーンボンド(グリーン債)、再生可能エネルギー事業への投資、環境プロジェクトへの融資など環境に資する資金提供を意味する非常に広範囲の概念です。昨年12月に気候変動枠組 [...]

» 続きを読む

【中国】第13次5カ年計画の柱に「グリーン金融」が盛り込まれる見込み

Facebook Twitter Google+

中国大陸の権威的な経済メディアである「央広財経評論」は、中国の中央銀行である中国人民銀行の潘功勝副総裁が、現在検討を進めている2015年から2020年までの中期計画「第13次5カ年計画(十三五計画)」において、グリーン金融が柱の一つになることを明らかにしたと報じた。 グリーン金融とは、金融機関の日常業務において環境保全を組み込んでいくことを言う。投融資の意思決定の際、環境に与える潜在的な影響を考慮し、環境条件と相関性のあるリターン、リ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る