【中国】政府、広東省等5地域をグリーンファイナンス試験区に選定。5年間での目標達成目指す 2017/07/10 最新ニュース

 中国政府は6月26日、国内5地域を「グリーンファイナンス」推進のための試験区に選定し、環境に資する企業等に投融資をする金融機関に対し政府が特別インセンティブを与える制度を始めると発表した。今回、試験区域に選定されたのは、広東省広州市、浙江省湖州市・衢州市、江西省贛江新区、貴州省貴安新区、新疆ウイグル自治区クムル市・昌吉回族自治州・カラマイ市の5地域。

 今回の政策は、中国人民銀行、国家発展改革委員会、財政部、環境保護部、中国銀行業監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、中国保険監督管理委員会の連名で発表された。試験区に選定された5地域には、試験的に実施するグリーンファイナンスの注力テーマが設定され、概ね5年間で掲げられた目標を達成することが期待されている。

  • 広東省広州市:銀行にグリーンファイナンス部門を設置しグリーンファイナンス融資額を拡大。グリーンファイナンス分野のファンド設定や自動車製造・販売企業の新エネルギー開発への融資銀行設立を推進。
  • 浙江省湖州市・衢州市:銀行にグリーンファイナンス部署を設置しグリーンファイナンス融資額を拡大。グリーンファイナンス分野での銀行、証券、保険等への新規参入を拡大
  • 江西省贛江新区:民間資本の銀行設置、農村信用組合の農村商業銀行への改組などを通じ農村のグリーンファイナンスを推進
  • 貴州省貴安新区:農業分野での幅広いグリーンファイナンス商品の開発
  • 新疆ウイグル自治区クムル市・昌吉回族自治州・カラマイ市:PPP(官民パートナーシップ)の推進等を通じたグリーンファイナンスプロジェクトの開発

 中国政府が掲げる高い環境目標の達成には、環境分野に今後5年間毎年50兆円から65兆円の投資が必要だと言われている。そのうち政府が拠出できるのは10%から15%だと推定され、残りを民間資本によって賄う必要があるため、グリーンファイナンスの推進は中国政府にとって至上命題となっている。

【参照ページ】中国人民银行 发展改革委 财政部 环境保护部 银监会 证监会 保监会关于印发《广东省广州市建设绿色金融改革创新试验区总体方案》的通知
【参照ページ】中国人民银行 发展改革委 财政部 环境保护部 银监会 证监会 保监会关于印发《浙江省湖州市、衢州市建设绿色金融改革创新试验区总体方案》的通知
【参照ページ】中国人民银行 发展改革委 财政部 环境保护部 银监会 证监会 保监会关于印发《江西省赣江新区建设绿色金融改革创新试验区总体方案》的通知
【参照ページ】中国人民银行 发展改革委 财政部 环境保护部 银监会 证监会 保监会关于印发《贵州省贵安新区建设绿色金融改革创新试验区总体方案》的通知
【参照ページ】中国人民银行 发展改革委 财政部 环境保护部 银监会 证监会 保监会关于印发《新疆维吾尔自治区哈密市、昌吉州和克拉玛依市建设绿色金融改革创新试验区总体方案》的通知

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る