【国際】FAO、4月期の食料価格指数発表。コロナ禍でコモディティ需要減退も、在庫は増大

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は5月7日、4月期の「FAO食料価格指数」が前月比3.4%、前年同月3%下落したと発表。新型コロナウイルス・パンデミックに伴い、経済や物流が打撃を受けた結果、世界のコモディティ需用は著しく減少。一方、サプライチェーンが断絶したことで、世界中で飢餓リスクが高まっている。 【参考】【国際】UNDP、新型コロナで脆弱な途上国の窮状訴え。FAOも飢餓防止で食料サプライチェーン維持要請(2020年5月4日)  FAO [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る