【アメリカ】ワッツバー原発2号機が稼働開始。米国で20年ぶりの新規原発

Facebook Twitter Google+

 米国テネシー川流域の総合開発を手掛けるテネシー川流域開発公社(TVA)は10月19日、テネシー州東南部レイ郡に位置するワッツバー原子力発電所2号機(1,218MW)の運転を開始したことを発表した。アメリカで新たな原子力発電所が運転開始したのは、1996年に同発電所1号機(1,121MW)が運転開始して以来20年ぶり。完成した2号機は、1号機と同じ加圧水型原子炉(PWR)で、ウェスティングハウス製。1970年代に建設が開始していたため [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る