【国際】違法漁業撲滅を目指す国際条約「PSMA協定」が発効、寄港国に大きな責任

Facebook Twitter Google+

 違法業業の取締を強化する国際条約が6月5日発効した。今回発効したのは、「違法・無報告・無規制(IUU)漁業の防止、抑制、廃絶のための寄港国措置協定(PSMA協定)」。国連食糧農業機関(FAO)の主導で2009年に成立したが、発効に必要な25ヶ国以上の批准がようやく集まり、発効されることとなった。PSMA協定では、違法漁業の取締に関して、漁船が上陸する寄港地国の責任を強化し、流通を防止するのが主な内容。これまでは、船舶管理の法的責任は [...]

» 続きを読む

【国際】Googleと国連食糧農業機関のコラボ、森林保護分野で極めて大きな成果

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)とデジタルテクノロジー世界最大手グーグルの協働が進んでいる。両者は気候変動枠組み条約パリ会議(COP21)が開催されていた12月1日、パートナーシップ契約で合意に至り、グーグルが保有する衛星マッピング技術を、自然資産の分野に活かしていく試みを発表していた。共同プロジェクトはすでに開始されており、4月中旬両社が共催したイベントでこれまでの成果を発表した。  FAOは、グーグルが開発しGoogle Earthな [...]

» 続きを読む

【国際】気候変動関連の災害は80年代の約2倍に増加。食糧確保の大きな脅威に

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization、以下FAO)は11月26日、気候変動が食糧にもたらす影響に関する報告書、"The impact of disasters on agriculture and food security"を公表した。FAOは同報告書の中で、過去30年間に渡って気候変動に誘発された干ばつ、洪水、嵐・荒天等の災害は頻度とその深刻さを増しており、多くの開発途上国において [...]

» 続きを読む

【ケニア】マスターカード、FAOと連携し途上国の飢餓問題解決に貢献

Facebook Twitter Google+

 FAO(The Food and Agriculture Organization of the United Nations、国際連合食糧農業機関)と大手カード会社マスターカードは9月2日、飢餓に苦しむ人々のために協働で尽力する方針を発表した。両者は、小規模農家や不遇の環境にある家庭を支援するため、インクルーシブな支払方法を開発し展開できるよう、今後模索していく点で合意した。  今後の活動として想定されるのは、現地の人々にクレジッ [...]

» 続きを読む

private 【レポーティング】サステナビリティ(CSR)報告ガイドラインを主導するグローバル機関

Facebook Twitter Google+

(図)サステナビリティ報告ガイドライン カオスマップ。Sustainable Japan作成。 複雑化するサステナビリティ(CSR)ガイドライン  サステナビリティ報告やCSR報告を担当する方々からよく受ける質問があります。「一体、どのガイドラインを参照すれば良いのか」。実はこの種類の問いは非常に回答に窮します。もちろん、有名なガイドラインはあります。例えばGRI、サステナビリティ報告についての包括的なガイドラインと言っても過言ではな [...]

» 続きを読む
2015/04/28 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る