private 【国際】B20-G20-FAOダイアログ、食料システムの未来では「民間セクターが重要な役割担う」

Facebook Twitter Google+

 食糧問題に関するマルチステークホルダー型の対話機関「持続可能な食料システムに関するB20-G20-FAOダイアログ」が6月17日、2021年のG20議長国イタリアの大統領とB20イタリア、ローマに本部を置く国連食糧農業機関(FAO)の共催で開催された。持続可能な食料・栄養システムに向けては、民間セクターが非常に重要な役割を負っていることを確認し、企業に対し構造的な事業転換を求めた。  今回の会合では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAO、2025年までの「栄養戦略」採択。SDGs達成に向けた重要課題

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は5月7日、過去2年をかけて検討してきた2025年までの「FAO栄養戦略」がFAO理事会で採択されたと発表した。国連持続可能な開発目標(SDGs)で複数の分野に影響を与える「栄養」政策での方針が固まった。  栄養政策に関しては、国連の世界食料安全保障委員会(CFS)に設置された「食料安全保障と栄養に関するハイレベル専門家パネル」が2017年、農業・食料システムの変化が栄養に影響を与える経路を整理したマップを [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAOとWFP、農業・食料システムの強化に向けパブコメ募集。FAOは欧州宇宙機関とも提携

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は4月30日、今後数年間で両者が協働すべき分野に関するパブリックコメントの募集を開始した。5月12日まで意見を募る。  FAOは現在、2022年から2031年までの10年間の戦略を定める「戦略フレームワーク」の策定を進め、2021年の年次総会に起案する段取りを進めている。特に、国連持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030年アジェンダの達成を支援するための効率的でインクルーシブでレ [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAO、国連諸機関とともに国会議員向けの栄養改善政策ハンドブック発行。ホリスティックな視点

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は4月19日、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、アフリカ連合開発庁のアフリカ開発のための新パートナーシップ(AUDA-NEPAD)、63カ国政府が集うマルチステークホルダー型の栄養改善機関Scaling-Up Nutrition(SUN)Movementとともに、各国国会議員向けの栄養改善政策ハンドブック「Food Systems and Nutrition」を発行した。  同ハンドブッ [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNECE、加盟国の森林関連情報オンラインツールをリリース。FAOと協働

Facebook Twitter Google+

 国連欧州経済委員会(UNECE)は3月23日、国連食糧農業機関(FAO)と協働し、UNECE加盟国での森林関連情報を集約したオンラインツール「INForest」をリリースした。UNECEには、北米、西欧、東欧、中央アジアの国々が加盟している。  FAOの報告書によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAO、途上国農家への給付金をデジタル決済に切替拡大。決済透明性とITリテラシー向上

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は2月22日、農家への支払をデジタル決済で行う回数を今後2年間で1.5倍にまで引き上げる新たなプログラムを発表した。現在国連では国連資本開発基金(UNCDF)がデジタル決済サービスを普及させる「Better Than Cash Alliance」を運営しており、今回FAOも同イニシアチブに加盟した。  Better Than Cash Allianceは、国際機関、政府当局、企業の76機関が現在加盟。発展途 [...]

» 続きを読む

【国際】FAO、サバクトビバッタ蝗害が2021年にも継続と警鐘。追加支援金が40億円必要と試算

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は12月16日、2020年に猛威を奮っているサバクトビバッタ蝗害問題について、東アフリカとイエメンで新世代の群が再び大規模蝗害を発生させるリスクが高まっていると警鐘を鳴らした。  今年前半から深刻になった蝗害は、FAO、他の国際機関、各国等により過去最大の対策が講じられ、10ヶ国で合計130万haでの殺虫作業が行われてきた。それでも、喪失した穀物は推定270万tで、被害額に換算すると8億米ドル。1,800万 [...]

» 続きを読む

【国際】FAO、広がる飢餓人口対策で「食糧連合」発足。世界4地域を飢餓高リスク地域と特定

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は11月5日、新型コロナウイルス・パンデミックにより広がる飢餓に立ち向かうため、マルチステークホルダー型の国際イニシアチブ「食糧連合」を発足した。イタリア政府が提案し、すでに30ヶ国以上が参加意向を表明している。  新たな食糧連合では、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標1「貧困ゼロ」と目標2「飢餓ゼロ」を2030年までに達成することを目指す。世界では、2019年時点で期が人口は6億9,000万人と推定 [...]

» 続きを読む

【国際】FAOとOIE、アフリカ豚熱の大流行で世界各国に対策協力要求。すでに700万頭殺処分

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と国際獣疫事務局(OIE)は10月26日、世界全ての国に対し、アジアで流行しているアフリカ豚熱(ASF)の感染拡大阻止を要求する声明を発表。対策イニシアチブも発足させた。  アフリカ豚熱は、豚の致死率100%の感染症でワクチンも開発されていない。現在、アフリカ、アジア、欧州の50ヶ国以上で発症が見られ、勢いが衰える気配がないという。米州では侵入阻止の臨戦態勢が取られている。すでにアジア地域だけで700万頭以 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る