【アメリカ】政府、中国通信大手4社の事業免許停止を示唆。新型コロナで中国共産党の責任追及

Facebook Twitter Google+

 米連邦通信委員会(FCC)は4月24日、中国通信大手4社に対し、中国共産党政権からの独立性を証明しなければ、米国での事業免許を停止させる方針を発表した。  今回対象となった4社は、中国電信の米国法人チャイナテレコム・アメリカス、中国聯通の米国法人チャイナユニコム・アメリカス、パシフィック・ネットワーク及び同社子会社のコムネット。  今回の発表は、事業免許停止を示唆した上で、停止を実行すべきでないとする理由を30日以内に提出するよう命 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】通信大手、新型コロナ対策で、中小企業と個人のネット通信負担軽減。ライフライン確保

Facebook Twitter Google+

 米政府の連邦通信委員会(FCC)は3月13日、新型コロナウイルスへの対応として、全米の通信・通話会社に対し、今後60日間、個人と中小企業の通信・通話を確保する特別措置を講じることを求める声明を発表した。外出を控える生活の中でのライフラインとなるインターネットや通話を確保する。  FCCの声明では、具体的には、今後60日間、中小企業及び個人の支払遅延金を免除するとともに、Wifiスポットの開放するよう求めるもの。さらに回線容量の確保も [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦通信委員会、国内通信キャリア事業者に対しファーウェイとZTEの通信設備使用禁止

Facebook Twitter Google+

 米連邦通信委員会(FCC)は11月22日、国内通信キャリアが、中国のファーウェイ(華為技術)及び中興通訊(ZTE)の通信設備・サービスを使用することを実質的に禁止することを決定した。同国通信ネットワークの安全保障と「誠実性」を保護するためと説明した。また同時に、将来的に対象企業を追加するプロセスも策定。新規則の認定、監査体制も確立した。同規制は、連邦政府の官報掲載後に発効する。  今回の決定は、全国均一の通信サービスを確保する「ユニ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦通信委員会、ISP事業者への「ネット中立性規則」の廃止を承認

Facebook Twitter Google+

 米連邦通信委員会(FCC)は12月14日、AT&Tやベライゾンなどインターネット・サービス・プロバイダー(ISP)を、1934年制定の電気通信法(Telecommunications Act)で「タイトルⅠ」と呼ばれる比較的規制の緩い電気通信サービスに分類することを決めた。票決は賛成3、反対2。これにより、ISP事業者はネット中立性規則から解放されることとなった。  ISP事業者は2015年2月のルール改定まで、同法に基づく「タイト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る