【アメリカ】連邦通信委員会、国内通信キャリア事業者に対しファーウェイとZTEの通信設備使用禁止 2019/11/27 最新ニュース

【アメリカ】連邦通信委員会、国内通信キャリア事業者に対しファーウェイとZTEの通信設備使用禁止 1

 米連邦通信委員会(FCC)は11月22日、国内通信キャリアが、中国のファーウェイ(華為技術)及び中興通訊(ZTE)の通信設備・サービスを使用することを実質的に禁止することを決定した。同国通信ネットワークの安全保障と「誠実性」を保護するためと説明した。また同時に、将来的に対象企業を追加するプロセスも策定。新規則の認定、監査体制も確立した。同規制は、連邦政府の官報掲載後に発効する。

 今回の決定は、全国均一の通信サービスを確保する「ユニバーサル・アクセス」のためのFCC予算「ユニバーサルサービス基金(USF)」について、国家安全保障を脅かす企業からの機器やサービスを購入している通信事業者への助成を採択したもの。具体的に、ファーウェイと中興通訊の2社を対象企業として指定した。USF予算規模は年間85億米ドルで、USFからの助成がなくなることは、事実上、通信キャリア事業ができなくなることを意味する。

 FCCは、ファーウェイとZTEが、「中国政府や中国軍の組織と密接な関係があり、中国法によりスパイ幇助の義務を負っている」と名言。「連邦政府機関や他国政府への脅威になる」と言い放った。

 USFから資金助成された通信キャリアに対しては、対象企業から購入した既存の機器やサービスの排除や交換を義務化。通信キャリア企業が排除または交換を行う作業を支援するため、FCCとして規制対象企業の機器やサービスを利用されている範囲の特定と、除去、交換コストの試算を行うとし、そのための情報収集に乗り出すと言及した。

【参照ページ】FCC BARS USE OF UNIVERSAL SERVICE FUNDING FOR EQUIPMENT & SERVICES POSING NATIONAL SECURITY RISKS

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る