【2/28・東京 セミナー】フェア・ファイナンス・ワークショップ 「私たちの預金がコアラの森を破壊する?」 2016/02/17 行動する

shutterstock_156828686

わたしたちが銀行に預けたお金が、環境破壊や戦争に使われている、、、

フェア・ファイナンス・ガイド(http://fairfinance.jp/)ではそんな現状を変えるために、銀行の社会性を「自然環境」「気候変動」「兵器産業」等の15テーマ別に100点満点で採点。さらに銀行へ預けたお金が環境破壊や人権侵害にどれだけ使われているかを調査・公開し、銀行に対してそうした投融資を回避してくよう、強く求めています。

その結果、日本では三井住友信託銀行やりそな銀行が、環境や人権に関する投資方針を改善するなど、具体的な成果が出始めています。ただ、それでもヨーロッパの先進的な銀行に比べると取り組みは不十分であり、さらなる改善が求められています。

そこで本ワークショップでは、フェア・ファイナンス・ガイドについて学ぶとともに、「自然環境の破壊」を事例として、私たちの預金が具体的にどんな事業に使われてしまっているか、それを止めるために私たちにできることは何か、について考えます。

イベント概要

主催

(特非)A SEED JAPAN

協力

パタゴニア、(特非)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、(特非)アジア太平洋資料センター(PARC)

会場

ソラシティ カンファレンスセンターRoom A(御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、淡路町駅)

日時

2016年2月28日(日)13:30開場 14:00開始 16:30終了

参加費

一般1,000円
A SEED JAPAN/JACSES/PARC会員及びマンスリーサポーター:無料
学生:無料

プログラム(予定)

 
全体コーディネータ:土谷和之(A SEED JAPAN代表)
13:30 開場 
14:00 オープニング(趣旨説明)
14:10 フェア・ファイナンス・ガイドについての紹介
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)  田辺有輝
14:30 「ニュー・サウス・ウェールズ州における森林伐採問題の紹介」
熱帯林行動ネットワーク(JATAN) 川上豊幸氏
15:00 トークセッション「自然環境破壊を止めるために、企業、金融機関、政府にどう働きかけることができるのか」
コーディネータ:A SEED JAPAN土谷和之
パネリスト:JACSES 田辺有輝、JATAN 川上豊幸氏、パタゴニア 篠 健司氏

15:30 休憩

15:40 ワークタイム
※参加者の皆様同士で、登壇者も交えながら、お金の流れを変えていくためにできることを話し合います

16:20 クロージング
16:30 終了

申込み方法

以下のURLからお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/52d03b2f372693

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る