Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】持続可能な船舶イニシアチブ、2040年までの達成目標とロードマップ策定 2016/03/26 最新ニュース

shipping

 持続可能な船舶イニシアチブ(SSI)は3月7日、2040年までに持続可能な船舶業となるために達成すべき主要な道標や優先事項を定めた「2040年に向けたSSIロードマップ(SSI Roadmap to 2040)」を発表した。SSIには船舶・海運業に関わる世界の主要な企業が自主的に加盟している。現在の加盟企業は、海運事業者である世界最大手デンマークのマースク・ライン、シンガポールのChina Navigation Company、シンガポールのIMC、シンガポールのU-Ming Marine Transport Corporation、バミューダのGearbulk、フード業界で海上輸送に関わる米カーギルと米バンジ、船用エンジンメーカーであるフィンランドのバルチラ、船舶塗料メーカーであるオランダのアクゾノーベル、歴史的に海運事業と関わりの深いオランダのABNアムロ銀行、船級協会であるロイズ船級協会、アメリカ船級協会の12社。

 SSIはこれまでに「SSIビジョン2040」「Case for Action」を定め2040年までの船舶業界の変革のビジョンを示していた。今回定めたロードマップは、2040年までに持続可能な船舶業が必要とするマクロ環境の明確な概観を提示している。ロードマップは、1)規制強化、2)信頼構築、3)労働環境、4)透明性と説明責任、5)資金調達、6)エネルギーの6分野それぞれについて2040年に達成すべきゴールとそれまでのマイルストーンから構成されている。同ロードマップはSSIやその加盟企業にとっての指針として設計され、船舶業界に関わる企業や組織体が、自身のサステナビリティ戦略を形成するための段階や道標、そして現在及び将来の課題を理解するための実践的なリソースとなることを目的として開発された。

 2040年までに達成すべき目標として、規制強化についてはSSIが自主的に政府や国際機関に働きかけてあるべき規制を目指していくことや、透明性・説明性金や資金調達の面では格付制度を整備し高い格付を各企業が目指すことを骨子とした。また、労働環境の面では海事労災事故の撲滅、エネルギー面では2012年比で海運業界の二酸化炭素排出量を10~20%削減することを掲げた。

【団体サイト】SSI
【ロードマップ】Roadmap –SSI

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る