【国際】IOC、コミッショナーの女性比率が17%から43%に大きく向上。ジェンダー平等推進 2018/08/15 最新ニュース

 国際オリンピック委員会(IOC)は8月8日、2018年度のIOCコミッショナーの男女比率を発表し、女性比率が2017年の16.8%から、42.7%に向上したと発表した。IOCは、ジェンダー平等への取組の一環としている。また、アフリカとオセアニアからのコミッショナー数も増加した。

 IOCのバッハ会長は、今後もオリンピック・ムーブメントの各レベルにおいて女性参加と地理的代表性を向上させていくと表明した。

【参照ページ】IOC COMMISSIONS MOVE TOWARDS GENDER EQUALITY WITH NEW COMPOSITIONS ANNOUNCED

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る