【国際】グーグル、従業員数千人がボイコット運動展開。相次ぐセクハラ事件や男女不平等に抗議 2018/11/07 最新ニュース

 世界各国のグーグル従業員数千人が11月1日、同社経営幹部がセクシャルハラスメントに関与していたことを抗議するボイコットを運動を展開した。「Don’t be evil」というプラカードを掲げ、同社に対し是正を要求した。ボイコットは、サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、シアトル、ロンドン、ダブリン、シンガポール、東京などグーグルの主要オフィスで展開された。
 
 今回のボイコット運動は、とりわけスマホOSの「アンドロイド」を開発した同社幹部で2014年に退職したアンディ・ルービン氏に向いている。同社が10月25日発表した内容に基づくと、ルービン氏はセクシャルハラスメントには関与しておらず、9,000万米ドル(約100億円)の退職パッケージを受け取り円満退職したこととなっている。しかし、従業員たちは納得していない模様。

【参考】【アメリカ】グーグル、過去2年間で従業員48人をセクハラで解雇。経営幹部も13人(2018年10月31日)

 グーグルと親会社アルファベットには現在、約94,000人の従業員がいる。企画者は当初、 1,500人程が参加し、大半が女性参加者と予測していたが、実際には予測を大きく上回り、男性も多数参加した。

 同社のスパチャイCEOは、ボイコット運動実施前にボイコット運動への支持を表明。加えてこれまでの事情に陳謝した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る