【シンガポール】パーム油ウィルマー、NGOのAidenvironmentとサプライヤー監督強化で連携 2018/12/16 最新ニュース

 パーム油世界大手シンガポールのウィルマー・インターナショナルは12月10日、蘭環境NGOのAidenvironmentと合同で、パーム油サプライヤーへの新たなモニタリング及びエンゲージメント・プログラムに関する共同声明を発表した。ウィルマー・インターナショナルの掲げるNDPE(森林破壊ゼロ、泥炭地ゼロ、搾取ゼロ)方針の実効性を強化する。 【参考】【シンガポール】パーム油ウィルマー、森林伐採の疑いのあるサプライヤーGamaからの調達中止(2018年6月30日)  ウィルマー・インターナショナルは、調達元のサプライヤーやパーム油生産農家が森林破壊を引き起こしているとの批判を受け、NDPEを掲げてきた。しかしそれでも環境NGOから方針の実効性に疑問を呈されてきていたため、今回サプライヤーのモニタリング及びエンゲージメントでNGOのAidenvironmentと提携することにした。今回発表のプログラムでは…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る