Skip navigation
サステナビリティ・
ESG金融のニュース
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【アメリカ】As You Sow、「CEO報酬高すぎ」調査公表。機関投資家のCEO報酬決議への反対票も増加傾向

 米株主アドボカシーNGOのAs You Sowは2月21日、S&P500企業のCEO報酬状況に関する調査結果を発表した。As You Sowは、5年前からCEOの「報酬高すぎ」問題に着目しており、CEO報酬と従業員給与中間値の差や、機関投資家の「SAY ON PAY(株主が役員報酬に積極的に関与すること)」の状況について毎年報告書を出している。

 米国では、2010年7月に制定された「ドッド=フランク・ウォール街改革及び消費者保護法(ドッド=フランク法)」で、役員報酬に対する株主権限を強化した「SAY ON PAY」が世界に先駆けて法制化された。しかし実際には、CEO報酬は上がり続けており、S&P500のCEO報酬平均は2013年の1,150万米ドルから2017年には1,360万米ドルにまで上がった。ストックオプション報酬まで含めると、時価総額上位350社のCEO報酬平均は1,890万米ドルとの報告もある。但し、トランプ政権が打ち出した「2017年税制改革法」では、税制上損金となる役員報酬額について100万米ドルの上限が設定されたことが、今後CEO報酬上昇の歯止めになるのではとの見方もある。

 今回As You Sowは…

この記事のタグ

この記事は有料会員限定です。

ログインまたは、有料会員登録をお願いします。

まずは無料会員登録 ログインする

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
  • 重要ニュースをウェビナーで分かりやすく解説※1
さらに詳しく

※1:重要ニュース解説ウェビナー「SJダイジェスト」。詳細はこちら

"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。