【ヨーロッパ】ホンダ、販売車を2025年までに100%EVまたはハイブリッド車に。 ガソリン車離れ 2019/03/09 最新ニュース

 本田技研工業は3月5日、2025年までに欧州での販売新車は100%電気自動車(EV)またはハイブリッド車(HV)にすると発表した。同社は2017年、2025年までに世界の販売新車の3分の2を電気自動車またはハイブリッド車にすると宣言しており、今回の発表もそれに向けた一環。本田技研工業は、ガソリン・ディーゼル車からの脱却を加速させる。

 また同時に、欧州市場で初めて投入する電気自動車「Honda e」のプロトタイプも披露した。都市部移動向きで200km走行可能。高速充電器も備え30分間で80%充電できる。「Honda e」の製品版は2019年後半に発表する予定。

 ハイブリッド車では、2019年初めにハイブリッド型RV車「CR-Vハイブリッド」を発表。駆動用と発電用の2つのモーターを搭載した。

 さらに今回、欧州でのエネルギーマネジメント事業にも大きな関心を示した。同社は2017年、双方向型充電のコンセプトを発表。目下、スイス高速充電技術開発EVTECと協働し、ホンダの「Honda Power Manager」技術を開発中。数年以内に商品化する。

【参照ページ】Honda Commits to Total Electrification in Europe by 2025

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る