【イギリス・オーストラリア】BHP、一般炭事業から段階的に撤退。将来性が赤信号と判断 2019/05/27 最新ニュース

 資源世界大手英豪BHPグループは5月22日、投資家向け経営戦略説明会を開催。一般炭(石炭)分野は雲行きが怪しいとし、投資の魅力度にかかわらず、事業拡大しない方針を表明。既存の事業からも段階的に撤退する方針を示し、撤退時期は想像以上に早くなるという見方を示した。一方、原料炭については事業拡大を続ける。

 その他、原油、硫化ニッケル、銅は成長分野と位置づけた。また、炭酸カリウム(カリ)は長期的に有望とした。

【参照ページ】Strategy Briefing

 

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る