【デンマーク】カールスバーグ、世界初紙製ビールボトル「グリーンファイバーボトル」の試作品発表。CO2削減 2019/10/15 最新ニュース

【デンマーク】カールスバーグ、世界初紙製ビールボトル「グリーンファイバーボトル」の試作品発表。CO2削減 1

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは10月11日、C40世界視聴サミットの場で、紙製ビールボトル「グリーンファイバーボトル」の試作品を発表した。100%植物由来の素材で、リサイクル可能だという。同社は、同業他社に対しても、紙製容器の開発に参加するよう呼びかけた。

 同社は、2017年6月にサステナビリティ・プログラム「Together Towards ZERO」を立ち上げ、2030年までに同社のビール工場での二酸化炭素排出量をネットでゼロにし、バリューチェーン全体の二酸化炭素排出量も30%削減する目標を掲げている。

 今回カールスバーグが発表した試作品は2種類。双方とも内側にビールの品質を保つためのフィルム層があり、一つは再生プラスチック製の薄膜ペット(PET)ポリマーフィルム。もう一つは100%植物由来の薄膜ポリエチレンフラノエート(PEF)ポリマーフィルムが貼られている。最終的には、ポリマーを使用しない真の100%植物由来ボトルの実現を目指している。

 今回発表した紙製ボトル製作のプロジェクトは、2015年に開始。包装容器のジョイントベンチャーであるEcoXpac、包装容器メーカーBillerudKorsnäs、デンマーク工科大学も研究に参画。デンマーク・イノベーション基金も資金助成している。

【参照ページ】Carlsberg issues latest Green Fibre Bottle update
【画像】Carlsburg

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る