【アメリカ】オクラホマ州SCOOP/STACK地区で、原油採掘リグ稼働数が過去数年で最低に。S&P発表 2020/01/20 最新ニュース

【アメリカ】オクラホマ州SCOOP/STACK地区で、原油採掘リグ稼働数が過去数年で最低に。S&P発表 1

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは1月13日、全米有数の産油地である米オクラホマ州SCOOP/STACK地区で、週次のリグ稼働数が過去数年間で最低にまで落ち込んでいると発表した。

 同地区のリグ稼働数は、2011年には164基まであったが、前週は38基、同週は23基にまで減少している。月間平均でも2019年5月には76期だったが、2020年1月の状況では30基にとどまっている。背景には、市場競争激化による抑制とガス価格の競争力増があるという。S&Pグローバル・レーティングは、2020年の日量生産量も、2019年の3.4バレルから、2020年には3.2バレルに下がると予想した。

 すでに多くの採掘事業者は、2020年には、原油・ガス採掘の双方で、設備投資を減らすと言及している。

【参照ページ】Tumbling rig count looks to slow production growth in 2020 in some basins

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る